引っ越し方法によって同じ東京でも違いが出る例をまとめました

東京で同日に同じ距離と荷物の量で引っ越すとしても、引っ越し方法によって料金や利便性に大きな違いが生じます。特に東京から遠方へ引っ越す場合に、違いが大きくなります。東京から遠方への住み替えの場合は、鉄道コンテナ利用を組み込んだり、混載便を利用したりするほうが割安で、お得です。トラック貸し切りと異なるこうした方法は、インターネットで簡易検索しても、なかなか見つけられないことが多いです。遠方への住み替えでは料金最優先ということを引っ越し会社の担当者に直接伝え、交渉してみましょう。その過程で、会社側からこうした方法を提案してもらえることも多いです。遠方への引っ越しで必要となりがちな、荷物の一時保管料の心配もないため、お得で便利な方法と言えます。

遠方への移動なら鉄道コンテナがお得

荷物を遠方へ搬送する場合、トラック貸し切りだと高額になります。近場への引越しなら、トラック貸切り以外選択肢はほとんどないわけですが、長距離の場合は違います。鉄道のコンテナ利用や混載便の利用が、会社によっては可能です。引越し会社の中には、鉄道コンテナ利用を組み込んだプランを出しているところがあります。鉄道関係の手続もすべて引き受けてもらえますので、初心者でも簡単に利用できます。この方法は、会社のトラックがコンテナを荷台に載せて、荷物搬出のためにやって来て、コンテナを荷台に積んだまま、コンテナの中に家財道具を搬入するというものです。トラックは駅に向かい、コンテナを預けます。コンテナは到着駅でまたトラックの荷台に載せられ、新居へ向かい、トラックの荷台のコンテナの中から、荷物がおろされます。一連の手続はすべて引越し会社側がおこなうので、安心です。

混載便利用で格安料金となりやすい

鉄道輸送はトラックよりも揺れが少ないため、梱包作業もその分容易になります。料金も、貸し切りトラックだけで運ぶよりも安くなります。鉄道コンテナ利用以外の、割安となる方法は、トラック貸し切りではなく、混載便を利用するという方法です。小型の貸し切りトラックを何台も走らせるより、大型トラックにまとめたほうが安く済みます。長距離だと、同じ方向に向かう荷物を集めやすくなりますから、混載便という方法も可能になります。ただ、どこの会社でも扱っているわけではなく、インターネット上では設定がない場合もありますから、会社の担当者との交渉過程で、利用可否がわかるのが一般的です。搬送方法は問わず、料金最優先であることを伝えると、会社側から提案してもらえることもあります。