東京での引っ越しの流れを初心者にも分かりやすく説明します

東京で引っ越すことになったら、まず明け渡し日と引っ越し日、新居への入居日を早めに決めましょう。現在の住居も新居も賃貸住宅である場合は、例え東京から近場へ引っ越すとしても、明け渡し日はなるべく先の日にちに設定したほうが無難です。引っ越しに慣れてくると、二重家賃の発生を防ぐために、明け渡し日と入居日を同日にすることも可能ですが、初心者は避けたほうが無難です。スケジュールの目途がついたら、引っ越し業者を選びます。業者によって大きく料金が異なりますので、周囲の人からの口コミや、インターネットの比較サイトなどを利用し、的確に業者選びをしましょう。荷物が少ないほうが料金は下がりますので、荷造りと並行して不用品の処分もおこないます。荷物搬出時に引っ越し業者に処分を依頼すると、割安になります。

低価格で高品質な業者を的確に選ぶ

東京には引越業者が数多く、豊富な選択肢があります。依頼する業者を的確に選び出すことで、低価格でスムーズな引越しが可能になります。業者選びにはそれなりに時間がかかりますので、引越すことになったら、すぐ探し始めましょう。料金は引越し日時で大きく変わりますので、まずは引越し日時の目安をつけます。新居が決まったら、荷造りに要する時間を考えながら、明け渡し日と入居可能日を決めます。費用を抑えるためには、明け渡し日と入居可能日を同日にし、二重に家賃を支払う日数を最小限にしたいところです。しかし、引越し慣れしている人なら別ですが、初心者はある程度二重家賃が発生しても、明け渡し日を遅らせたほうが無難です。最後の掃除や、原状回復費用算出のための立ち会いなどがあります。

荷造りが間に合わなくなることだけは避ける

初心者の場合、引越し日や明け渡し日までに荷造りが間に合わなくなるということが、少なからずあります。そうなるケースが1割というデータもあります。明け渡し日の翌日からリフォーム工事が始まる場合もありますし、荷物搬出のトラックも来ますから、荷造りを間に合わせることは必須です。荷造りが間に合いそうもなくなったら、引越し業者の荷造りサービスを利用できます。費用がかかりますから、そうならないように、スケジュール管理をしっかりとおこなうことが大事です。スケジュールに余裕があり、引越し日時を業者の指定日時に合わせることができれば、格安料金ともなります。料金を安くするには、荷物を少なくすることです。いい機会と考えて、不用品の処分を一度にやってしまいましょう。荷物搬出時に引越し業者に依頼すると、割安に処分できます。