東京ではどういった引っ越しプランが安くつくでしょうか

東京都は日本一人口と世帯数が多い都道府県で、住民基本台帳による平成29年4月1日現在の人口は13,569,660人、世帯数は7,037,114世帯とかなりの数になっています。有名な企業や、有名な学校、遊園地、ファッションビルなども多いことから、人気のエリアとなっています。人口や世帯数が多いがゆえ、毎年、引越しをする数も多いのが現状です。それに合わせて引っ越し業者も数多くあり、多すぎてどのようなプランが安くつくのかを見分けるのにも一苦労です。例えば、単身の場合は、荷物の一つで、かなり料金が変わってしまうのは、ご存知でしょうか。また、距離でも料金は変わってきますし、遠距離でも安くする方法など、色々なポイントがあります。そこで、今回は、引っ越しのプランが安くつくポイントをいくつかご紹介します。

距離と時間帯の選び方でも安くなります

東京都の広さは、都道府県ランキングでもワースト3位で、人口が多い割にそんなに広くはありません。ですが、総面積は2,190.75km²で、都内の端から端まで引っ越しをする金額と近距離での場合は、料金に差がでます。近距離の方がガソリン代のコストもかかりませんし、荷物を運ぶ人の労働時間も短縮されるので、人件費もカットされます。よって、お客様へ提示される料金もお安くなります。また、時間帯の選び方でも料金はお安くなります。午前中のお引越しの「午前便」、午後からのお引越しの「午後便」、時間を指定しない「フリー便」があります。その中で一番安いプランは日付のみを指定する「フリー便」です。その日のうち、何時に作業できるかは、あくまでも未定ですが、その分お安くなります。次に安いのが、「午後便」一番高いプランが「午前便」です。

荷物をなるべく少なくするとお安くなります

東京での引っ越しの場合、車を所有していない人も多くいらっしゃいますので、なるべく荷物を詰め込んだり、業者さんに頼もうとするお客様がいらっしゃいますが、荷物は自分で運べる分は、運んだり、友人を頼ったりなどして運ぶ方が安くなります。また、大きな家具や家電製品も、使用して何年になるのか、これからも使用し続けることができるものなのかを想定して業者さんに頼むことがお勧めです。なぜなら、大きな家具の場合、人手が必要以上にかかってしまいますので、それだけ料金がアップします。ですので、お客様の中には、購入した方がお安くなる場合がありますので、こちらもお安くするための重要なポイントです。最後に、東京都には、業者さんがたくさん存在しますので、なるべく何社かに見積もりを取ることが一番のポイントです。